アトピーの大敵・残留塩素~今後、水道水中濃度が上がるかもしれない話~

アトピーと水質

現在、日本では各地の浄水場で処理された後に殺菌・消毒目的で塩素を注入したものが水道水として配水されています。アトピー患者にとって塩素は厄介な敵でありますが、塩素注入がなかったら今度は細菌による感染症の恐れが出てきてしまうため、残留塩素が気になる場合は実際の使用時に処理するほかありません。

今回の話は、そんな残留塩素濃度が将来的には増えてしまうかもしれない、という話です。

前置き~現在の基準値とその理由~

現在の基準値

健康面・管理面などに基づき、以下のような基準があります。

衛生上の措置

(略)給水栓における水が、遊離残留塩素を〇・一mg/l(結合残留塩素の場合は、〇・四mg/l)以上保持するように塩素消毒をすること。(略)

水道法施行規則(衛生上必要な措置)より抜粋

→水が家庭の蛇口に到達した段階で残留塩素が0.1mg/L以上残っている必要がありますよ、ということです。

ガイドライン値

5mg/L以下(世界保健機関)
世界保健機関(WHO)の基準なので、健康上問題ない値として設定された値です。ただ、飲用するとほとんどの人は「塩素の味を感じる」レベルの値でもあります。

管理目標値

1mg/L以下(厚生労働省)
日本ではさらに厳しい基準を設けて運用しています。

まとめると…

水中に塩素が含まれていても5mg/Lまでなら健康上は問題ありませんが、日本では蛇口の段階で0.1~1mg/Lの間に収まるように管理をがんばりましょう、ということです。

基準値の理由~細菌増殖を抑える~

まず、下限の「最低0.1mg/Lを保持」については、水中にわずかでも塩素が残っていれば細菌の増殖をある程度抑えることができるので、このように定められています。

また、5mg/L以下というのは健康面からの理由ですが、1mg/L以下というのは、多くの人がこの濃度を超えると臭いを感じるようになるからだそうです。敏感な人であれば0.3mg/Lぐらいでも臭気を感じるそうです。だからカルキ抜きのような作業が必要になる。

ではなぜ浄水場の出口で0.1mg/Lにしないのかというと、あまり説明する必要はないかもしれませんが、家庭の蛇口に届くまでに殺菌のために消費されたり、何か別の物質と反応して消費されたりするからです。浄水場の出口では濃度をやや高めにしておくことで、「家庭の蛇口で0.1mg/L」を達成する必要があります。WHOの飲料水水質ガイドラインでは、浄水場の出口で少なくとも0.2mg/L以上であるべきとされています。

空き家の増加と細菌再増殖

日本では空き家が増えている

ここで日本の社会情勢に目を向けると、以下のような理由によって空き家がどんどん増えています。

  • 総人口の減少
  • 人の都市部への流入
  • 新築ラッシュ

家が使われなくなれば、当然そこの水道も使われなくなりますが、その家へ通じる水道管は残ります。つまり、その家の水道管の水は、長い間そこに滞留した状態になります。

ペットボトルの水は濾過・滅菌されており、ボトルもキャップもしっかり洗浄されたものを使って密封した状態で売られているので、開封しない限りは長持ちします。しかし、水道水の場合はそうはいきません。時間が経つと水質も悪化していきます。

細菌再増殖問題

前述のとおり、浄水場で添加された塩素はいろいろな理由で消費されていきます。長時間の滞留が続くと、やがて完全になくなってしまいます。おそらく多くのアトピー持ちの人がやったことのある「お風呂を半日放置でカルキ抜き」でも一定の効果があるほど、塩素というものはどこかに飛んでいきやすい物質です。

残留塩素がなくなったら、細菌が徐々に増え始める可能性があります。そして空き家が増えるということは、上記のいろいろな理由によって残留塩素がなくなりやすいということなので、空き家近辺を中心に水道管中の細菌が増殖する可能性が出てくるということです。

これが「浄水場で一度は処理した細菌が蛇口付近で再び増殖する」--細菌再増殖の問題です。

そしてその対策のひとつとして、残留塩素の添加量を上げるという選択肢が検討されています。アトピー患者の場合、細菌による感染症と残留塩素による肌のダメージはどちらも気にするべきことです。なので、今後(特に空き家の多い地域ほど)水道水中の残留塩素の濃度が上がる可能性があるということは、知っておいて損はないと思います。

まとめ

今回の話の内容はアトピーとは直接関係ありませんでしたが、将来的にアトピーに影響してくる可能性はゼロではないと思い、記事にしてみました。

2018年には水道法も改正され、水道そのものが半民営化される中で、水道料金だけでなく残留塩素の管理などの運用面でも(法律・基準の範囲内で)変化があるかもしれません。

アトピー患者にとって、水質は健常者以上に気になるものです。水道水中の残留塩素と細菌の関係については、頭の片隅で気にしておくのがいいと思います。


※本記事は私が過去に参加したことのある「東京大学水環境制御研究センター(RECWET)ワークショップ」の内容を参考にしています。