私がアトピーを発症した4つの原因~高校時代~

自分史

中学まではアトピーとは無縁の生活を送っていた私でしたが、高校2年のときに発症しました。ここでは発症した当時の状況を思い出しながら、発症の原因として関わっていると考えられる項目をピックアップし、ひとつずつ解説していきます。

私のアトピー発症の原因

大きく以下の4つに分けました。

  1. ペット
  2. 化学物質
  3. 姿勢
  4. ストレス

1.ペット

ちょうどこの時期、いきさつは忘れましたが突然ハムスターを飼い始めることになりました。

私のアトピーは、血液検査をしてみるとダニやカビに強く反応します。まず1つ、これが大きな原因ではないかと睨んでいます。

2.化学物質

高校2年に進学すると同時に、新築の校舎に移動することになりました。1年の授業中は、毎日のように新校舎工事の騒音がゴリゴリと鳴り響いていたものです。しかしこの新校舎に入ってみると、新築のあの独特の臭いがキツイ。窓際であれば窓を開ければまだ良いのですが、残念ながら私は廊下側でしたね…。窓を開けても廊下は臭いっす。

これは発症の原因というよりは、どちらかというと悪化の原因だったと思います。ちょっとかゆい部分が出ると化学物質によって刺激されやすいので、うっかり掻いてしまうとその「ちょっとかゆかった部分」を中心にかゆみが広がってしまいます。

新築時の空気についてはアトピーと関連して取り上げられることがほとんどないですが、シックハウス症候群との関係で一時期問題になりました。今はだいぶ議論が落ち着いてきていますが、依然として困っている人は定期的に見かける印象です。

  • 校舎改築の間、一時的に移動したプレハブで複数人が気分が悪いと訴えた
  • 新入社員用に借り上げられたマンスリーマンションが新築で、5~6人が中にいると気分が悪くなると訴えた
  • 知人が結婚を機にマイホームを建てたが、家の空気がかなり悪くて困っている

私の周りだけでも上のような例が実際にありました。アトピーに関してはよく水中の残留塩素が問題になりますが、同じように肌に触れるという意味で空気質にも十分気をつける必要があります。

3.姿勢

これは別記事でも書いているのですが、私は高校の部活動で骨盤がゆがんだ時期とアトピーを発症した時期が被っています。そのほか、仕事の内容が変わってPCに向かう作業が圧倒的に増えた際に、アトピーが悪化しています。

生活スタイルの変化により普段と異なる姿勢をとることが多くなったら注意が必要かもしれません。

4.ストレス

私はあまり感じていなかったと思うのですが、よく挙げられる因子としてストレスがあるので、ここでも触れておきます。発症が高校2年ということで、一応、進学校に通ってましたからね…。受験というのは多くの生徒たちにとってはストレスでしょう。

現代はストレスから逃れるのがかなり難しいので、これ書いたところで…という気はしますが。医者の中にはどうしてもアトピーとストレスを関連づけたがる人がいて、私がストレスを感じていないというと「潜在的なストレス」とか言い始めます。そんな潜在的とか言われたら、対策のしようがないっす。。

まとめ

思いつく限り書いてみましたが、発症の原因と思われる要素、結構ありました。これはつまり、アトピーを治そうと思ったときにも、それなりに多方面からのアプローチが必要ということだと思います。

よく質問掲示板などで「どうしたらアトピーが治るか」という質問に対して「食事を和食にしてください」とか単発の解決策を書いている人を見かけますが、まだまだアトピーに対する理解が足りないと思います。1つの対策で解決するなら、誰も苦労しとらんです。

あなたがもし大人になってアトピーを発症したのであれば、その当時の状況をいろいろと思い出してみるといいかもしれません。「ひょっとしたら」と思うことに対して対策を打つことで、思わぬ効果が期待できるかもしれませんよ!